1946年に京都で生まれ、中学から大学までノートルダム女学院で学びました。 15歳のとき、聖観世音菩薩が降りてこられ「私を奉りなさい。」とのお告げがあり、霊感でお答えしておりました。そのころから母が勉強しておりました阿部泰山先生の勉強会で学ぶようになり、20歳のとき「幸福な恋愛と結婚」「四柱推学」を出版しました。その後は「親業」を上級クラス、日本プロカウンセリング協会の上級クラスを受けました。 占いとカウンセリングは正反対のものですが人間一人一人同じ人生を送る人はありません。 私は人が自分の宿命を受け入れたとき運命は開けると思っております。「占いは心のエステ」を心がけ幸せな日々が送れるお手伝いが出来れば幸いです。

泰龍館 阿部泰山流 四柱推命

阿部泰山先生…

わが国での四柱推命の第一人者です。 先生は、お父様が漢学の塾を開いておられ、漢文を精通された、明晰なる頭脳、頑健なる体力、気力、根気を以って古来からの中国運命学と六壬学を漢文から日本語にされ、日本の学問に移して、運命学の大灯台の建設をされた偉大な功労者です。泰山流四柱推命の根幹を後世に伝えるために全集二十二巻を書き上げられた学者です。