お知らせ

生駒宝山寺月参り

今日は朝から蒸し暑い一日のスタート!車から降りた時のあの「む〜」っとした不快感!  今回は親しくさせて頂いているご家族と、もうすぐ三歳になる坊やとの参拝です。「まんまんちゃん、あん!」と可愛いお手手を合わせ祈る姿こそが仏様がお望みの姿なのか...
お知らせ

暑中お見舞い申し上げます!

今年もこんな素敵な絵手紙を添えて頂きました。 夏を乗り切って下さいと「赤しそジュース」に喉に優しい「カリン酒」、梅干し全て手作りの心温まる贈り物に心から感謝! これで今年も夏を乗り切れます!   
お知らせ

三室戸寺のひと時

小雨の中、紫陽花の色が雨の雫で映えて趣きがあるかと、意気揚々と坂を上がってまいりますと「ようおまいり」の立て札に微笑んでしまいました。 急な階段を上がるとそこは本堂、「観世音菩薩さま」がおわします! 蓮の花が一面に咲き誇っていて、これぞ極楽...
お知らせ

生駒宝山寺に月参り

今日は占いに来て頂いている方とご一緒しての月参り! 宝山寺に着いて最初に階段を上がる前に「自分の住所、名前、年齢、今日こうして無事に参拝させて頂く事に感謝」を込めて参拝のご挨拶をします。 本堂から奥の院までの参道は昨夜の雨がもたらしたのか少...
お知らせ

今年も「四葉のクローバー」のプレゼント!

今年も「四葉のクローバー」のプレゼント! 毎年、四葉に愛されている素敵なお二人の彼女達からの贈り物が届きました。もう、何年になるのかな〜 それも一枚ではないのがすご〜い! 占いに来て頂いた方に「幸せのお裾分け」をさせて頂いて、私が彼女達の橋...
お知らせ

生駒宝山寺月参り 弥勒菩薩様とのご縁

今日は初夏を感じる晴天に恵まれる出発です。 車窓からは田植えが終わった稲が行儀よく並んでいる姿や青葉が太陽の光をさんさんと受け、まぶしいとばかりに受け止めているとっても清々しい気持ちになりました。 宝山寺に着く頃にはどんどん気温が上がっての...
お知らせ

お地蔵様

お地蔵様はこちらから手を差し伸べて救いを求めればその手をしっかり受け止めて御救い頂ける慈悲深い仏様です。 地蔵菩薩はサンクスリット語ではクシテイ ガルバと言います。 クシテイは「大地」ガルバは「胎内」「子宮」の意味意訳して「地蔵」としていま...
お知らせ

生駒宝山寺の月参り

今日は21日弘法大師様が入定された日です。   お天気が久々に戻り春の匂いが漂って居るのは八重桜のせいなのでしょうか! 車窓からは八重桜、木蓮、ハナミズキ、木瓜が山や畑の緑の間から見せてくれて、久々に心を春にしてくれました。   ...
お知らせ

ふしぎ竹酒

京都伏見の「ふしぎ竹酒」を頂きました!    「オーダーしてから作られるので御誕生日には間に合わなかったんですけど!」っと最高に嬉しいプレゼント!    本物の生竹の節と節の間に詰め込まれた生酒。青竹の爽やかさと清々しさがいっぱい詰...
お知らせ

古稀を迎えて

私はつい先日「古稀」を迎えました。   古稀の名前は、中国の唐の詩人、杜甫の「曲江」という誌のなかにある「人生七十古来稀」からつけられたものです。「人の一生は短いもので、七十歳まで長生きする者はめったにいない」という内容です。 自分の...
お知らせ

生駒宝山寺にお参り

今日は大黒天にて初甲子日の法要に参拝出来た事に感謝!   大黒様といえば、左肩に大きな袋を背負い、右手に打ち出の小槌を持ち、米俵をふみ、福々しいお姿を思い浮かべます。   しかし、そのルーツはサンスクリット語でマハーカーラと呼ばれる...
お知らせ

平成27年の開運を願って節分祭

 二月三日 毎年恒例の𥒎観音寺で行なわれる開運星祭りのお参りに行ってまいりました。 人にはそれぞれ、生まれた年によって定まる「本命星」というものがあります。真言宗では、北斗七星を形成する七つの星(貧狼星 子)(巨門星 丑、...